サッカー日本代表のワールドカップ大会など出場で日本で定着

スポンサードリンク

サッカーは結構古くから世界ではあるスポーツです。そしてサッカーは世界標準のスポーツの一つでもありますね。しかし日本ではナカナカ、国民的なスポーツというところまでは来れていなかったとスポーツでもありました。 サッカーも日本においてようやくメジャー化の道を歩き出すことになるのが、国内リーグ創設に始まり、国際大会への出場し出したということからでしょう。国際大会へ出場したころから定着し始めたといってもいいでしょう。

そしてJリーグで一気に最高潮までヒートアップしました日本サッカーJリーグスタート時は猫も杓子もサッカー!テレビもサッカー!職場や学校でもサッカー!といった勢いでしたね。しかし数年もするとJリーグ人気も結構ガタ落ちに。一時期、プロ野球を抜き去って人気は衰えないのか、とまで言われていただけに関係者はショックが大きかったのではないでしょうか。Jリーグサッカーはプロ野球を超えられずにいました。

サッカー界
にもまた、情勢が変化するときが来ます。それは、サッカー日本代表ワールドカップ大会など国際大会への出場です。いくつものメジャーな大会にサッカー日本代表出場するにつれ人気も回復。そして今ではしっかりと市民権を得ています。
市民権を得ているというような定着度を測るには、子供たちの関心度を調べるのが一番の有効な方法です。

昔はといえば子供たちはほとんどみんな、野球をやり将来はプロ野球選手になる!というのが夢に持っていました。
しかし現在の状況では、将来はサッカー選手!というようにサッカー選手が憧れの対象になっていたりします。
このような子供のうちからのサッカー人口も増えて少年サッカーもレベルが少しづつ確実に上がってきています。

プロサッカー選手人口が増え、少年のモチベーションアップに貢献

サッカーは、もちろん少年サッカーのレベルだけではなく、高校サッカーなどはレベルアップもしていますが以前よりも
2倍も3倍も盛り上がり方はスケールアップしています。

このことにより、プロサッカー選手になり、Jリーグに行っている人も多くなりましたし、海外欧州リーグへ行って
活躍するような選手も出てきました。
Jリーグ
にしろ、海外欧州リーグにしてもサッカー少年たちへの希望を抱かせることと、モチベーションを
アップさせているということでは貢献度は非常に高いですね。

SPONSORED LINK


サッカーのJリーグもホームタウン化に成功

サッカーJリーグも単なる流行だけで集客していた時代も終わり、今ではしっかりと地元に根ざした
ホームタウン化に成功しています。
地元密着なのでお客さんの層も老若男女それぞれを取り込んでいます。

ホームタウン化
で特に有名Jリーグサッカークラブといえば、浦和レッズアルビレックス新潟ですね。
ファンの数と興奮度の高さはどちらも有名です。浦和レッズのファンはもはや南米やヨーロッパのファンと同等で
熱いサポーターは騒動まで引き起こすくらいです。


SPONSORED LINK